トップページ >> ヒッチハイク体験談-健太郎

ヒッチハイク体験談-健太郎

ヒッチハイクしてみたい人のために
ヒッチハイク体験者の声」をこのページでは掲載しています!!

今回紹介するのは...2009年社会人になったばかりの男性!


○竹谷健太郎(1986年生まれ:男:もうすぐ社会人)
ヒッチハイク経験:日本縦断 etc.
乗せてもらった台数:約100台

1.ヒッチハイクしようと思ったきっかけは?

はじめは「人と違うことがしたい」ってゆう思いでした^^
僕は雷波少年とか電波少年とか見たことなくて、ヒッチハイクも外国のイメージしか持ってなかったんです。だから「日本でヒッチハイクしたらすごいかも!?」ってゆう単純な考えでした^^


2.実際にstrong>ヒッチハイクするまでに、ためらったり、困ったりしませんでしたか?

それはあまり無かったです★☆
すれ違う人は誰とでも挨拶するような子でしたから(笑)♪
むしろそれが普通だと思ってて、小さい頃から母の実家(大阪)に帰省するたびにまったくの他人に笑顔&挨拶を振りまいてましたからw
おかげで現在では、道端で会った見ず知らずの人から「大きくなったね~」と言われることがありますw
あ、ヒッチハイク関係ないですね(汗)!!


3.それをどうやって克服しましたか?

大人になるにつれてそれが不自然だってことに気付き出しました。。
今は知り合いにしか挨拶してませんよ(笑)☆残念ですが。
声かけてくれた人には笑顔で挨拶です^^
あ、これもヒッチハイクには関係ないですね(汗)!!
でも、きっとそんな生い立ちが原点だと思います♪


3.出発する前にどんな準備をしましたか?

はじめは何も準備しませんでした~。
回数を重ねるごとに、段ボールとかスケッチブックとか、カラーマーカーとか地図とか…etc.あったら便利なものは準備するようになりました!!
あ、あととびっきりの笑顔は必須です(笑)!!!!


4.最初にヒッチハイクした時の話を聞かせてください♪

高校入る前の春休みのことです。
修学旅行で行きそびれた京阪神地区にどうしても行きたくて(修学旅行は多数決で東京でした)、中学卒業したら青春18切符での旅をしようと思ってました^^
でも、切符は買ったものの地元が田舎なので、調べてみるとなかなか便が無かったんです。。
そこで「ヒッチハイクを併用しよう!!」って思いついたんです^^
親に内緒の旅だったので、家を出たのは真夜中。
真っ暗な中、街灯の下で一人親指立ててました★
1時間ほど経った頃でしょうか。200m程先の『イタリアンパセリ』という洋食屋さんから軽トラが出てくるではないですか!!寒さも辛くなってた僕は、今まで以上に張り切ってヒッチに臨みました!!
そしたらなんと!熱意が通じたのか、止まってくれたんです(涙)。
初ヒッチ成功です☆☆あのときの感動は今でも忘れられません♪
ドライバーは20歳前半のお兄ちゃんだったでしょうか。すごい優しい方で車内でも話が弾みました♪
「僕あのお店行ったことないんですけど、おいしいですか~??」
「あら、若いのに行ったことないだか??結構いいもん揃っとるで」
「そうなんですか!!僕あんまりお小遣いないんでああゆう高そうなとこ行けないんですよ」
「あららwいかんな!!彼女とばっかじゃつまらんけんな~」
「あ、だから一人で食べに行ってるんですね★」

その後、イタリアンパセリが洋食屋さんではなく、いかがわしいお店だと知ったときはとても恥ずかしかったです(汗)!!
15歳の僕には刺激が強すぎました。


5.今までで一番印象に残ってるヒッチハイクエピソードはありますか?

21歳の夏に決行した日本縦断ヒッチハイクです!!
期間が一週間しか無かったんで、実現できるか不安だったんですけど、無事佐多岬から宗谷岬までヒッチハイクできました^^
真夏の暑い時期に汗だくの青年を63台もの車が拾ってくれたんです(涙)!!
中には家に泊めてくださる方までいて、本当に感動しました(*^_^*)
そして人生ではじめて一目惚れしたのもこのヒッチハイクの最中でした^^


6.ヒッチハイクで一番辛かった思い出は?

在日韓国人の方に乗せてもらったときのことなんですけど…、その方ヒッチハイカーが本当に嫌いだったらしくて…、車内で延々と説教されましたorz
30kmの道のりをただただ説教するためだけに遠回りされたんです。。
結局2時間も連れまわされました((+_+))
最後は拉致られるんじゃないかと思って本当に怖かったんですけど、今考えると良い社会勉強です。


7.あなたならではのテクニックとかジンクスとかありますか?

テクニックとかはあんまり持ってないんです。。
Tシャツ、ジーパンに満面の笑みで好青年に見てもらえるようにしてます★
あ、降ろしてもらった後にドライバーさんがバックミラーで見えるようにスケッチブックに「THANK YOU!!」と書いて掲げたりしてます(*^^)v


8.本当にヒッチハイクは大丈夫なんですか?拉致られたり怖いことはありませんか?

はい、大丈夫だと思いますよ^^少なくとも僕の経験では☆
ヤンキーも犯罪者もAV輸送車も郵便屋さんも…etc.乗せてくれる方はみんな良い意味でヒッチハイカーに興味持ってくださるんで、話も弾みますし、怖いことはないと思います!!


9.今のあなたにとって、ヒッチハイクを経験してみてどうでしたか?

ヒッチハイクを経験してて良かったと心から思ってます!
いろんな人に出会って、いろんな価値観に触れて、いろんな世界を垣間見ることができて。そしてなんといっても人の優しさを生で感じられるんです!!
あぁ~日本って素敵だ、ってつくづく思わされます^^


10.これからしたい人にメッセージをお願いしまっす!

是非是非やって下さい!!
ヒッチハイクをやって後悔することはないと思います!!(保障はできませんが…)
若いときにやっとけば良かった~と思ってる方、もうちょっと大きくなってからやろうと思ってる方、ヒッチハイクに適齢期なんて無いと思いますよー!!
思い立ったときが適齢期なんじゃないでしょうか^^
そして、一度やったら病みつきになること間違いなしです!!
みんなでヒッチハイク広めましょう~★☆

Posted by 日本ヒッチハイク協会 | Page Top ▲

trackbacks

trackbackURL:

comments

コメントを投稿

(はじめてコメントされる場合、管理者の承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。再度コメントを投稿する必要はありません。)

ヒッチハイク