トップページ >> ヒッチハイク体験談-フリーハイタッチ隼人

ヒッチハイク体験談-フリーハイタッチ隼人

ヒッチハイクしてみたい人のために
ヒッチハイク体験者の声」をこのページでは掲載しています!!

今回紹介するのは...ヒッチハイク本を売りながらヒッチハイクするMr.フリーハイタッチ隼人!


Mr.フリーハイタッチ隼人隼人(1984年生まれ:男:ヒッチハイク著者&フリーハイタッチ)
ヒッチハイク経験:日本ほぼ一周。
乗せてもらった台数:100台を超え、今も毎日増加中。


 


『ヒッチハイカーに10の質問!!』


1.ヒッチハイクしようと思ったきっかけは?

21の夏休みに、群馬の実家から秋田の男鹿半島まで
車で一人旅をしたときにさ、車で移動していると
地元の人とかと、ほとんどコミュニケーションがないんだよね。
まあ、結局は気持ちの持ちかた次第だとは思うけど。

それで、人とのコミュニケーションを求めて旅するなら
徒歩かヒッチハイクだと思ったんさ。


2.実際にヒッチハイクするまでに、ためらったり、困ったりしませんでしたか?

まあ、その21んときから、実際にヒッチハイクするまで2年経ってるんだけど
別にためらったことはなかったな。
「どんな旅をしたいか」ってのをその2年で、
明確なビジョンにできたのかもな。


2.5 それをどうやって克服しましたか?

克服したことは特にないから、おれが読んで旅に出たくなった本を紹介します。
そういう本はだいたい、ヴィレッジヴァンガードや、西荻にある旅の本屋「のまど」、ブックオフで探す。
あと、代々木公園のアースガーデンとかね。

・「ワイルドサイドを歩け」
 「エグザイルス ーすべての旅は自分へとつながっている」
 「エグザイルス・ギャング」ーロバート・ハリス 著

・「決定版 バックパッカーズ読本 ー究極の個人旅行ガイド」ー旅行情報研究会 編

・「Route 88」ー小林キユウ 著

・「LOVE & FREE」ー高橋歩 著

こんなとこかな。


3.出発する前にどんな準備をしましたか?

段ボール看板と
普通に考えて旅行に必要なもの。(着替えとか歯ブラシとか)
旅で稼ぐために、路上演奏用の曲作り。
あと、度胸試しで一人路上演奏。公園とかでも。

あとは、結果的に準備運動になっていたのは
キャバクラバイトでの客引き。
私服警官に捕まらなくてホント良かった。
ヒッチハイクは別に捕まらないから
どんだけ車が停まってくれなくたって
アレと比べたら楽勝よ。


4.最初にヒッチハイクした時の話を聞かせてください♪

ウチの近所のファウンズ産婦人科の隣のファミリーマートの駐車場で。
国立府中ICを目指してた。
開始から20分くらいでファミマから出てきたおっちゃんに乗せてもらえたよー。


5.今までで一番印象に残ってるヒッチハイクエピソードはありますか?

いっぱいあるけど、熊本で1台のジープがおれの前を通り過ぎたんだ。
ジープに乗ってるような人は、旅好きな人の可能性が高いから
「乗せてもらえる!」と思ったんだけど、通り過ぎちゃったんだ。
それから、別の車を2台乗り継いで、道の駅の前でヒッチハイクしてた。
すると2時間くらい前にすれ違ったジープがまた通ったんだ。
あのときの夕暮れ時の沈む夕日をバックに
57号線を走ってジープがこっちに向かってきた。
あの光景をおれは一生忘れないと思う。


そのジープにはおれと同世代のやつが乗ってて、
もちろん乗せてもらって一緒に阿蘇の温泉に入って、家に泊めてもらった。
公園でそいつのギターとセッションもしたし、
おれはお礼に絵を描いてあげてきた。


ひろき、ともちゃん、ユッケ、彩ちゃん、まゆさん!
あん時はマジありがとう!
今のおれは、あなたたち無しには考えられないよ!


6.ヒッチハイクで一番辛かった思い出は?

あんまりないなあ。
強いて言うなら、さんさんと照りつける太陽の下で立ち尽くしたときかなあ。
名古屋の守山PAで2時間半。


7.あなたならではのテクニックとかジンクスとかありますか?

ん~。
乗せてくれる人とかさ、泊めてくれる人とかさ、
そういう人って、待てば待つほど自分と波長が合う人が現れるんだよね。
だから、ヒッチハイクでずっと車が停まらなくても
その分、めっちゃおれと合う人に会えるってことだから
それを自分の体験で確信できると、超ポジティブでいられる。

たとえば、どっかのPAで2時間待っても、
その日の夜に、すげー意気投合できるやつと出会ったりする。
そういうのってちょうど、神様が(宇宙が、運命が、言い方はなんでもいいけど)
時間調整してるようなモンなんさ。

3時間待ってもダメだし、1時間で乗れちゃってもダメ。
でも、奇跡的な確率で、ぜんぶ運命が正しく仕組んでくれてるから大丈夫。


8.本当にヒッチハイクは大丈夫なんですか?拉致られたり怖いことはありませんか?

だいじょうぶだと思うよ。
ヒッチハイカーに何か悪いことをしてやろうと思って車運転してる人なんて
まずいないよ。
向こうはヒッチハイカーなんて予想外の存在だから。
たぶん、何か悪いことを企む人間は、
意志を持って行動してる人間は選ばないと思う。


つーか、乗せてもらえたらおれはその人を200%楽しませる自信がある。
ほら、何でもそうだけど、笑わせたら、楽しませたら勝ちじゃん。


危ないことはまったく想像しない。アウトオブ眼中。
どうやったら笑顔を引き出せるか。そればっか考えてる。


9.今のあなたにとって、ヒッチハイクを経験してみてどうでしたか?

いやー人生変わったね。
ヒッチハイクだけじゃない。
人生は親切と愛にあふれてるってことがすげーわかったし、
そういうのは全部、鏡となって自分を映してくれる。
出会う相手はぜんぶ、自分を映す鏡なんさ。
親切と愛を受け取ったら、それは自分を映しているし。
おれもそれを他人に映して、親切と愛のバトンを渡していこうって思う。


ほら、今の日本には通過儀礼、イニシエーションがないじゃんか。
成人式なんて、ほんとカタチだけのモンだべ。
本当の意味で成熟した人間になるためには、
知らない人間の中に突っ込んでいく勇気とか必要だと思う。


未知のものを、積極的に受け入れて、
人間は自分の限界を打ち破ることに喜びを感じるいきものなんだって、
それを一人一人が自分自身の体験で確信できるような、
そんなイニシエーションがあるといいんだけどな。


おれにとっては、イニシエーションだったんだと思う。
子供と子供の心を持った大人にしか見えない幽霊。


フリーハイタッチをしてても、そうだけど、
ヒッチハイカーとか、フリーハイタッチマンとか、
笑いを誘う存在なのに、顔色ひとつ変えないで、見えないフリをする人もいる。


でも子供は絶対食いつくし、やわらかい心でいる人間は絶対ノッてくる。


子供と子供の心を持った大人にしか見えない幽霊。
それになってみるのはどんなに楽しいことか。


10.これからしたい人にメッセージをお願いしまっす!

えーと、やりたい人はやったほうがいいと思うよ。
おれもまだまだやるつもりです。


ヒッチハイクが日常の感覚になるとマジ人生たのっしいよ。
おれなんて、最近じゃ電車でとなりのひとに話しかけたり、
カフェでとなりのひとに話かけたりしてるし。


よく否定されるんだけど、
おれは昔、人見知りで人と話すのは苦手だった。


これはホントにそう思ってた。
でも、今ではわかるんだけど、
ただ、周りにあんまり話が合うやつが少なかっただけ。
おれはテレビとか芸能人の話題とかに興味なかったから
人と話すのが苦手だと、思い込んでただけだったんさ。


ヒッチハイクしたい人、おれはハイタッチして背中押すよ!


Posted by 日本ヒッチハイク協会 | Page Top ▲

trackbacks

trackbackURL:

comments

コメントを投稿

(はじめてコメントされる場合、管理者の承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。再度コメントを投稿する必要はありません。)

ヒッチハイク