トップページ >> ヒッチハイクで乗せてくれるのは、どんな人達が多いですか?

ヒッチハイクで乗せてくれるのは、どんな人達が多いですか?

ヒッチハイクで乗せてくれるのはどんな人達が多いですか?」

⇒ヒッチハイクにもやり方が色々あります。


車のナンバーを見て、自分の行きたい方向と同じ車を探す。
そして、その車の人に直接交渉する。
、、、という「攻めのヒッチハイク」


例えば、この攻めのヒッチハイクだと、巷で言われるように
「長距離のトラック」とかだ多いんだろうと思います。
というか、自分でそれらを選んでるんだからそうなりますよね(笑)


僕のヒッチハイクスタイルは「待ちのヒッチハイク」(・∀・)b


というのも、僕は「待ち」でいることで、
「どんな人と出会うか分からない」
っていう出会いの奇跡?(クサイw?)みたいのを大切にしています♪


『どんな人が乗せてくれて、どんな人に出会うかわからないから、ヒッチハイクは楽しい』

っていうのが僕の考えです(^^!


で、待ちのスタイルだとさらにいいのが、
『乗せてくれる人はみーんな優しい人☆^^』
っていうのが当たり前になります!!!


だって、道端で立ってる僕を「乗せてもいい」と思って止まってくれた人ですから♪
優しいのは確実でしょ(笑)


まあたまには面白い人もいて
「俺はヒッチハイクするような奴は嫌いだ」
とかって言われることもあります(笑)


でも車内で話してたらだいぶわかってくれて、最後は笑顔で握手しますが(笑)


・・・


あ、話が全然違うほうへ行ってますね(^^;

どんな人が乗せてくれるか。

⇒だいたいどんな人でも乗せてくれます(ほんとに)


家族連れ(赤ちゃんが乗ってるファミリーの車もある)
仕事中の人(営業で動いてたりね)
友達同士のグループ
普通の男の人(普通って何だ?)
女の人も乗せてくれます!

(俺調べ。過去300台より)


ただ、やはり「若い女性1人」という車はなかなか乗せてくれませんね(汗)

ヒッチハイク中には
「道端の僕」と「車内の人」
でちょっとしたコミュニケーションがあるんですが
(例えば、車内の人が手で「ごめん、そっちはいかないんだ^^!」ってしたり)


でも、女の人ひとりの場合は、こっちすら向かない人が多いかも(笑)


でもでも、比率として昼間に車で1人で運転してる女性ってのが、全体で考えると男の人より少ないのかもしれませんね!


長くなりましたが、こんな感じでどうでしょう???


Posted by 日本ヒッチハイク協会 | Page Top ▲

trackbacks

trackbackURL:

comments

コメントを投稿

(はじめてコメントされる場合、管理者の承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。再度コメントを投稿する必要はありません。)

ヒッチハイク