トップページ > 2008年04月

ヒッチハイクを乗せる時は危険じゃないの?

清輔さんに出逢って、ヒッチハイカーを見つけることがあったら、是非乗せてみたいって思うようになりましたが、やっぱり、私ひとりが車に乗っているときはちょっぴり不安です。 乗せる側には、危険ってないのかしら?

⇒ない!!!(はず)


僕のような人なら100%ありません(^^)

でもやっぱり色んな可能性があるから、危険が0とは言えないです!


それに今回の質問だと「乗せる側」ということで、僕は「乗る側」なわけで。

なので、僕の想定を超えるようなこともあるでしょうから、一概にはっきりとは言えません。


でも、確実にいえることは

『危険よりも楽しいことのほうがずっと大きい』
(可能性も大きさもパワーも)


ってことです(^^!


まあこれは乗せてみればわかるはず♪


ヒッチハイクで出会うって何かのご縁だし、ある意味運命なんですよ(笑)

だって、ヒッチハイクで出会うって かーーーなりの確率ですよ!
(説明するのが難しいですが。笑)


・・・


でも

『やっぱり、私ひとりが車に乗っているときはちょっぴり不安です。』

っていう気持ちもとっても大切だと思います。


なので、不安に思ったら乗せなかったらいいし、その時そのタイミングで考えればOKだと想います(^^)


やっぱり直感は大切です!!


、、、答えになっていませんが(笑)

ちなみに、僕の母は

『あんたが色んなところでお世話になってるから、ヒッチハイクしてる人がいたら必ず乗せる!って決めてるのよ。、、、でもこの前も福岡~島根まで高速道路で移動してけっこう探したんだけど、1人もいなかったのよ。。。o(;△;)o 涙』

って言ってます♪


もう出会う前から乗せる気マンマン(笑)

むしろ僕から色んな楽しい話や嬉しい話を聞いてるので、

むしろ乗せたい♪・・・みたいな☆


そんな母でもまだ出会ってない、、、


これが「ご縁」ですよね♪


なので、もしヒッチハイクしてる人を見つけたら
「これも何かのご縁だから乗せてみる」
っていう考えも素敵かもしれません(^^)


こんな感じでどうでしょう??


 

Posted by 日本ヒッチハイク協会 | Page Top ▲

ヒッチハイクで死にそうになった経験とかありますか?

ヒッチハイクで死にそうになった経験とかありますか?」


⇒死にそうになったのは、、、運転してる人が居眠り運転をしたときですかね(笑)


あの時はマジであせりました(夏だったけど冷や汗がリアルに出ました。\(;゚∇゚)/笑)


 


あと、めっちゃ飛ばす(一般道で80キロ?90キロ?オーバーだったかな)75歳のおじいちゃんが北海道で乗せてくれて、その車が前の車とほんとに3mとかまで近づいたときは


「あ、これ前の車が急ブレーキしたら、絶対事故るよ∑( ̄□ ̄ || 〒 ||


しかも前の車のほうがふたまわりはでかいし、こりゃマジで・・・」


(こっちは軽自動車で、なぜか後ろは荷物がいっぱいで閉まってないw)

と思い、何度もシートベルトを確かめました(笑)


 


・・・こんな感じかな~?


ヤクザの人に乗せてもらったことも歩けど、死にそうにはならなかったし・・・


だからまあ、こんな感じで(笑)


 

Posted by 日本ヒッチハイク協会 | Page Top ▲

ヒッチハイクで1日のノルマとかありますか?

ヒッチハイクで、1日でせめてどこまでは行きたいとかノルマにしてますか?


⇒ノルマは・・・そのときの状況によります!


●日に●●で待ち合わせしてるから、、、
とかって場合には、その状況に合わせて目標を立てます。


天候とかにもよるけど、ちょっと無理したらだいたい予定通りにいきます。


ノルマというかヒッチハイクの予定?

というか「だいたいの到着時間の目安」は地図とか見たらわかるので、ノルマというよりだいたいの予想はします^^!


こんな感じで答えになるかな??


Posted by 日本ヒッチハイク協会 | Page Top ▲

女性一人のヒッチハイクは危ないですか?

女1人のヒッチハイクはあぶないですよね??そこでいっつも断念しますです


⇒難しい質問です(^^;


これは前に別のヒッチハイクサイトを作ってるとき、質問されて本気で考えました。


本気で親身になるために
「もし僕の妹がヒッチハイクに行きたいと言ったら・・・」
という想定までして、考えました(汗)


で、色々ある危険なことを想定して、ちょっと注意点のようなものを挙げました。

が、、、結論は出ませんでした。


というのもやはり僕が男だということ。

なので女の人一人というのが経験できてません。

僕がどんなに想定しても、
「男なら乗せないけど、もし女の子がヒッチハイクしてたらすぐ乗せる」
というような人もいるでしょう。


そんな人には、僕は接していないわけで、なので想定しようがない・・・

僕の経験からくる想像を超えたことがおこるかもしれません。

なので、結論は「あぶないかどうかはわからない」ということです(^^;


でもでも、危険を回避するためにいくつかポイントを考えたので、簡単に紹介しておきます。


女の子が1人でヒッチハイクする時の安全ポイント

1.暗くなってからのヒッチハイクは絶対しない

2.長い距離を1台の車に乗らない(長い時間を過ごさない)

3.女の人が乗ってる車にする(できれば)

4.「なんかあぶないかも」という直感が働いたら、きっぱり乗るのを断る勇気を持つ(相手からは罵倒されるかもしれません)

5.etc、、、


まだなんかあったかもしれませんが、今はこれを思い出すだけで精一杯(笑)

こんな感じですが、いつか女ヒッチハイカーにも会うでしょうから、その時はまた詳しく聞いてみます♪


また、これから女性ヒッチハイカーを日本ヒッチハイク協会で育てて、情報を文章としてまとめ、シェアすることを予定しています。


お楽しみに(^^)b☆


Posted by 日本ヒッチハイク協会 | Page Top ▲

ヒッチハイクで乗せてくれるのは、どんな人達が多いですか?

ヒッチハイクで乗せてくれるのはどんな人達が多いですか?」

⇒ヒッチハイクにもやり方が色々あります。


車のナンバーを見て、自分の行きたい方向と同じ車を探す。
そして、その車の人に直接交渉する。
、、、という「攻めのヒッチハイク」


例えば、この攻めのヒッチハイクだと、巷で言われるように
「長距離のトラック」とかだ多いんだろうと思います。
というか、自分でそれらを選んでるんだからそうなりますよね(笑)


僕のヒッチハイクスタイルは「待ちのヒッチハイク」(・∀・)b


というのも、僕は「待ち」でいることで、
「どんな人と出会うか分からない」
っていう出会いの奇跡?(クサイw?)みたいのを大切にしています♪


『どんな人が乗せてくれて、どんな人に出会うかわからないから、ヒッチハイクは楽しい』

っていうのが僕の考えです(^^!


で、待ちのスタイルだとさらにいいのが、
『乗せてくれる人はみーんな優しい人☆^^』
っていうのが当たり前になります!!!


だって、道端で立ってる僕を「乗せてもいい」と思って止まってくれた人ですから♪
優しいのは確実でしょ(笑)


まあたまには面白い人もいて
「俺はヒッチハイクするような奴は嫌いだ」
とかって言われることもあります(笑)


でも車内で話してたらだいぶわかってくれて、最後は笑顔で握手しますが(笑)


・・・


あ、話が全然違うほうへ行ってますね(^^;

どんな人が乗せてくれるか。

⇒だいたいどんな人でも乗せてくれます(ほんとに)


家族連れ(赤ちゃんが乗ってるファミリーの車もある)
仕事中の人(営業で動いてたりね)
友達同士のグループ
普通の男の人(普通って何だ?)
女の人も乗せてくれます!

(俺調べ。過去300台より)


ただ、やはり「若い女性1人」という車はなかなか乗せてくれませんね(汗)

ヒッチハイク中には
「道端の僕」と「車内の人」
でちょっとしたコミュニケーションがあるんですが
(例えば、車内の人が手で「ごめん、そっちはいかないんだ^^!」ってしたり)


でも、女の人ひとりの場合は、こっちすら向かない人が多いかも(笑)


でもでも、比率として昼間に車で1人で運転してる女性ってのが、全体で考えると男の人より少ないのかもしれませんね!


長くなりましたが、こんな感じでどうでしょう???


Posted by 日本ヒッチハイク協会 | Page Top ▲